営業力強化

電話営業での事前準備の必要性が増した理由

商談獲得のために行う電話営業。従来から電話による見込み客へのアプローチは存在しています。電話がつながりにくくなった現在でも実施する企業が多いでしょう。高い確率でのアポ獲得は一般的に難しいですが見込み客はどんな電話内容であれば商談に応じてくれるのか?今回は事前準備の必要性について解説していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントにおいてデータプラットフォームが必要な理由

セールスイネーブルメントを実践して組織全体の売上を底上げするためには、各営業施策の取り組みを数値化し、ボトルネックの改善や成功事例の型化をしていく必要があります。つまりデータの蓄積が非常になるのです。今回はデータプラットフォーム構築の重要性をあらためて紹介していきます。
営業マーケティング

インバウンドマーケティングに営業視点が絶対に必要な理由

アウトバウンドコールをしても不在が続いたり、業績悪化で既存の取引先との契約が途切れてしまったり、など新規開拓の必要が出てきたり、新規開拓営業を始めなければならなくなった企業が増えてきています。ではどうすれば質の高い見込み客を獲得できるでしょうか?そこで役に立つのがインバウンドマーケティングです。
営業マーケティング

リードジェネレーション(見込み客獲得)の手法とは?|一番受注につながる手法とは?

営業力を強化しても肝心の見込み客が少なくては受注どころか商談すらできません。そこで今回は見込み客獲得(リードジェネレーション)の手法や それぞれの手法の特長について紹介していきます。
営業力強化

営業組織の分業化の功罪とは?解決につながるKPI設計

営業組織も分業化が進み、見込み客の獲得はマーケティング、アポ取得まではインサイドセールス、商談~受注はフィールドセールス、受注後のサポート・追加受注はカスタマーサクセス、のような体制の導入している企業が増えています。 このような分業化にはメリットもある一方でデメリットも。今回は営業組織の分業化のメリット・デメリット、そして解決方法を紹介いたします。
営業力強化

インサイドセールスの種類と新しい役割

見込み客の獲得がオンラインへシフトしたり、在宅勤務が増えたことで、見込み客へのアプローチが困難になってきました。見込み客から顕在客へあたためる役割を担うインサイドセールスはますます重要性が増しています。今回はインサイドセールスの種類や今後の役割の変化についてお伝えしていきます。
営業マーケティング

営業代行サービスと営業の標準化|どちらが組織を強くするか?

営業組織を拡大したいと思っても ・採用がうまくいかない ・本当に正社員が必要なのか? ・人を増やしても教育する体制が整っていない などお悩みの方もいるのでないでしょうか。 今回はそんな時に使うべき営業代行サービスについて紹介していきたいと思います。
営業力強化

いつの間にか成果が出ない・・・定期的に外部の営業力診断を受けるべき理由

営業の標準化・型化を進め、どの営業パーソンでも一定の受注率で受注できるような仕組作りを進めている企業が増えています。近年では「セールスイネーブルメント」という括りで営業力強化のノウハウが多くの場所で公開されるようになりました。セールスイネーブルメントに取り組む企業も増えています。今回は定期的に外部の営業力診断を受けるべき理由について紹介していきます。
営業マーケティング

2020年の振り返りと2021年の営業トレンド

2020年はいかがでしたでしょうか? 本コラムでも昨年の初めに2019年の営業トレンドの振返りをしました。 今年も2020年の振返りと2021年のトレンド予測をしていきたいと思います。
営業マネジメント

営業DXの肝はデータの蓄積|そこから始まるAI活用

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」、「AI」などここ数年でビジネスに浸透してきました。ただ本コラムでも何度か紹介してきましたがなかなかうまくいきません。今回は営業のDXに焦点をあて、AI活用に至るまでのキーポイントを紹介していきます。