営業マーケティング

これだけは必ず!初回商談前に準備すべき3C分析

テレアポや問合せで獲得した初回商談において皆さんはどのような準備を行うでしょうか。初回商談こそ誰もが知っている3C分析が有効なのです。3C分析とはマーケティング手法の一つでビジネス環境における課題や強みの整理に使われます。
営業マーケティング

顧客の心を鷲掴み!AIDMAで受注率をあげる営業活動とは

資料やDMに関しても同様で実際は良いサービスにも関わらず受取っても全く見てもらえないことがあるのではないでしょうか? そんな時は一度、AIDMAを考えてみて下さい。AIDMA(アイドマ)の法則とは購買心理をモデル化した理論で長く支持されています。
営業マーケティング

MAを使えていますか?営業ツールを導入する前の心得

「アプローチブック」や導入支援をしている「マーケティングオートメーション(MA)」も全てマーケティングや営業に関するツールです。これらのツールは営業活動を効率的にしたり、営業力強化に役立ちます。しかし、使いこなせなければ導入にかけたコストが無駄になってしまいます。
営業マーケティング

マーケティングオートメーションツールで営業効率化を実現

営業プロセスにおいて商談も重要ですが見込客(リード)を獲得して更に温めて商談化させるプロセスが重要になってきます。 そこで大きな役割を果たすのが、マーケティングオートメーション(MA)ツールということで今回は、リードナーチャリングに使われ、営業を効率化させる、MAツールについてお伝えします。
営業力強化

質の良い見込み客を育てる!インサイドセールスを有効に進めるポイント

インサイドセールスは見込客を育成し、温まった状態で営業に渡すというマーケティング支援と営業支援の役割を担っています。 今回はインサイドセールスを有効に進めるポイントについてお伝えします。 営業支援とマーケティング支援...
営業力強化

営業を効率化!インサイドセールスとフィールドセールスの違いとは?

最近一般化しつつある営業手法「インサイドセールス」。言葉としては比較的新しいですが、手法そのものは昔ながらのものです。今回はフィールドセールスとインサイドセールスの違いや概念についてお伝えします。
営業力強化

トークスクリプトだけ?営業の標準化を進める際のポイント

営業の場面で、話していること、聞いていること、話の流れ、全てを可視化して整理してみることにより、会社としての営業の型ができあがります。徹底的に可視化するのです。トークスクリプトだけでは本当の意味の可視化にはなりません。
営業力強化

メンバーの受注数がバラバラ|営業の標準化が自社だけで進まない理由

なぜ、我々のような外部の人間が、営業の標準化を進めるうえで中心的な役割を果たすのが良いのでしょうか? 弊社に仕事を依頼してこられる企業の多くは、何度となく社内で営業の標準化を行おうと思ったが、「うまくいかなかった」という ケースが多いようです。
営業マネジメント

営業メンバーの営業力強化に必要な施策|営業同行のポイント

新人営業には営業同行を課すケースが多いと思いますがどのような営業同行をすればよいのでしょうか? スリーシーズが行う営業同行は2パターンあり、一つは顧客企業の上司が 行っている「自分の営業を見せる」ものです。そしてもう一つは、「黙って営業メンバーの営業を見る」ものです。
営業マネジメント

営業目標を立てよう!結果だけでは無く営業プロセスも可視化

既存企業からいくらの売上をたて、新規企業をどのくらい獲得し・・ それを何月にいくら位の粗利で。そのためには、営業人員は何人必要で・・。 と計画を立てているのではないでしょうか。 しかし、プロセス目標を立てていない企業が意外に多いのです。プロセス目標というのは、営業戦術と紐付くものです。