RPA導入で変わる社員の意識|営業マネジメントの参考に


RPAの導入が加速し、多くの企業では定型業務を
ロボットが処理するようになってきています。

特に金融機関での導入事例を多く目にします。
経理部門での交通費確認作業や債務管理作業、
など様々なバックオフィス業務で導入されています。

営業部門では受注した案件の事務処理の自動化や
交通費精算など業界を問わず定型業務が自動化されています。


このような変化によって現場の意識はどのように
変わっていくでしょうか?


今回はRPA導入のポイントや事例を交えて
RAP導入による効果をお伝えしていきます。


RPAで実現できること

改めてRPAとは、
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)
人間が行うデスクトップ画面上の定型的な操作を、
ルールに基づいて自動的に再現する技術です

 
各システム内だけでの操作ではなく、ウィンドウをまたいで
コピー、貼り付け、システム間のデータ交換が可能です。
例:社内システムを確認し、エクセルに記入、その後メールを送信
(コラム「RPAって結局何?|RPAの事例と導入の注意点」より)


RPAを導入するということはツールを導入するというよりは、
事務社員を採用するというイメージの方が近いかもしれません。


いままで人がやっていた事務作業のような定型業務をロボットがやってくれます。

ロボットが行うので、教育コストがかからず、さらにミスもなく
24時間365日働くことができる、圧倒的な業務効率の向上が期待できます。


それにも関わらず導入・維持コストが安いことがRPAの普及が広まっている理由です。


では、どのように社内で導入していけばよいのでしょうか?



RPA導入の手順は?

前回も何点かポイントをお伝えしましたが、
更にいくつかの導入のポイントをお伝えします。


1.専門チームを立ち上げる
RPAの導入で得られる効果は大きく複数部署に渡るので、
関連する部署のメンバーとともに専門チームを立ち上げる必要があります。



2.現状の業務プロセスの見直し
専門チームにて業務プロセスの見直しをし、
RPAで処理すべきプロセスを確定させる
(事前にGoogleフォームなどを使って全社アンケートをとるのも効果的です。)


3.RPAツールの選定
導入すべき適切なRPAツールを決めます。
ツールの選定はその後の展開に関わるので重要なポイントです。
例:完全な開発型を導入すると予算や人的リソースがかなり必要
(社内リソースを確認する)


4.トライアル導入(課題の洗い出しと改善)
トライアルを行い、課題の洗い出しと改善を行います。
その後再度トライアルを行います。


5.本格導入への準備
トライアルの結果を踏まえて、RPAを本格導入する準備に入ります。
RPAに関わるメンバーを決めて操作説明をすることも含めて、
本格導入までのプロセスを策定します。


6.本格導入・運用・改善
本格導入をします。
運用結果を踏まえて随時改善し、更なる展開を目指します。


これらの結果、何が起こるでしょうか?

RPA導入による意識改革

RPAの導入が成功することで、コスト削減や労働力を補う
という問題を解決することができます。


RPAを導入したその先には従業員満足度の向上、
さらに顧客満足度の向上という効果を生み出します。


なぜなら、事務作業というのは誰でもできるからこそ、
「これは自分でなければできない仕事」と感じづらくなります。
また、同じ作業を繰り返すという面も相まって、やりがいも感じづらく、
満足度も低くなりがちです。結果、離職率も高くなります。

RPAを導入することで定型業務から解放され、
「自分でしかできない仕事」に集中することできるようになります。

結果、従業員の満足度が上がり、アウトップの質も高まり、
最終的に顧客満足度の向上にもつながるのではと思います。


改めてメリットをまとめます。


メリット1.コスト削減
RPAの導入と維持にかかるコストは一般的に、
フルタイム従業員一人を雇用するよりも遥かに安いと言われています。

RPAは自ら辞めることなく、24時間働き続けるので人材採用費用の削減も行えます。(しかもミスも少ないです。)


メリット2.売上の最大化
定型業務をRAPが行うことで「人間にしかできない仕事」に
集中することができ、最低限の人件費で売り上げ拡大を
進めることができます。



メリット3.ビジネスプロセスへの意識の定着
RPAの導入が普及するに従って、社員の中でも
「この業務はRPAに向いているんじゃないのか?」や
「この業務プロセスの変更すればRAPで処理できるのではないか?」
というようにビジネスプロセスの改善意識を持つ社員が増えていくでしょう。

このような状態が増えることによって経営意識を持つ社員
が増えて、戦略立案や事業企画などに注力することができます。



まとめ

以上のようにRPAの導入はコストの削減だけでなく、
売上の最大化やビジネスプロセスの改善意識の定着
など複合的な効果があります。


メリット1.コスト削減
メリット2.売上の最大化
メリット3.ビジネスプロセスへの意識の定着


現在導入されている企業でも是非RPAを推進し、
他の社員の方にも導入を投げかけてみてはいかがでしょうか?


担当チームだけでは分からなかった新しい発見が
あるかもしれません。


関連情報

関連コラム:RPAって結局何?|RPAの事例と導入の注意点
AI・RPAで仕事はどう変わる?経営戦略で考えるべきポイント
働き方改革を考える②<非定型業務の定型化>


スリーシーズ関連サービス:営業戦略立案

kann

関連資料の無料ダウンロードはこちらから