売上予測がうまくいかない理由|パイプラインマネジメントの導入

売上予測がうまくいかない理由|パイプラインマネジメントの導入

営業組織ではセールステックと呼ばれるITツールの導入が進んでいます。
一方で、このような営業ツールには懐疑的でエクセルや営業報告書を用いて
営業管理を継続している企業もまだまだあるでしょう。

例えば、売上見込みに対していわゆるエクセルの「ヨミ表」を用いるなど。

うまくいっていればよいのですが
売上見込と実績が大幅に違っていたりすると困りますよね。

今回は売上予測の精度を上げるための方法を紹介していきます。

精度の高い売上予測と戦術の改善

営業リーダーやグループマネージャーなど
営業のマネジメントに関わる方々は役員層への
報告として当月の売上見込みをまとめているでしょう。

もちろん、目標売上に対して見込金額や実績が超えていれば良いです。

また売上予測の精度が高く、売上が足りなくなりそうなことが
事前にわかれば打ち手を早く実行できます。

しかし、見込が実績と大幅なギャップ(全然足りない)があったり、
見込み金額がミーティングの度に変化すると経営陣も驚きますよね。
(衝突の原因となったりもします。。)

売上予測の精度を上げるためには何が必要でしょうか?
まずはパイプラインと言われる受注までの営業フェーズの分解です。

(例)
見込み商談(資料DL/アポ調整中)
初回商談
提案
クロージング
見積提示
受注

そして次に大事なのが案件の進捗管理です。
・自分の担当している案件はパイプラインのどこの位置づけなのか?
・見込金額をはいくらなのか?
・どうしたら次にフェーズに進めるのか?

などをマネージャーと営業メンバーで行います。
パイプラインに積み上がっている見込金額の合計を計算し、
足りない場合は、休眠顧客の掘り起こしやリードタイムを短くする施策を行います。

とはいうものの営業は属人的・・・

しかしながらパイプライン管理がうまくいかないケースが多いです。

また、パイプライン管理を充実させるためにセールステックツールを
導入しても結局うまくいかないこともあります。

管理がうまくいかないケースとしては
・そもそも営業が情報を入力してくれない
・入力を徹底しても入力形式がバラバラ
(営業フェーズの認識がバラバラ)
などの原因がございます。

(例)
・本当は全く見込がないのに、クロージングフェーズに案件を置いている
・見込みがほぼないと営業が判断してヨミ表に案件自体を記入していない

このような問題点を解消するための運用方法を紹介していきます。

パイプライン管理と営業フェーズの考え方

まずはパイプライン管理の方法です。
マネージャーはどんな点に注意すればよいのでしょうか?

先ほどの営業フェーズを例にします。

見込み商談(資料DL/アポ調整中):(注意点)案件数は適正か?
初回商談:(注意点)停滞している案件はないか?
提案:(注意点)適切な提案をしているか?
クロージング:(注意点)キーマンを抑えているか?
見積提示:(注意点)書類に不備はないのか?
受注

金額だけでなく上記を意識することで
次のフェーズへの移行率が改善され、売上予測の精度改善にも貢献するでしょう。

次に営業フェーズの考え方です。

先述したような営業フェーズを設定することもよいですが、
「顧客の事実ベース」でのフェーズ設定を行うことで
メンバー間での誤解も減るでしょう。

(例)
案件化の可能性があるのか?(BANTを用いる)
課題の合意
ソリューションへの価値理解
意思決定者の合意
スケジュール/体制の合意
金額面での合意
書類の取り交わし

更に、このようなデータをリアルタイムで確認し、
ミーティングを効率化するためにセールステックツールを
活用するとよいでしょう。(SFA/CRMなど)

データが蓄積することでAIを用いた売上予測分析を行うツールも増えています。
失注も含めた営業情報をしっかり入力していくことでAIの予測精度も高まります。

まとめ

今回は売上予測の精度を高める方法として
パイプライン管理や営業フェーズの設定について例を用いて紹介してきました。

・「顧客の事実ベース」での営業フェーズの設定
(例)
案件化の可能性があるのか?(BANTを用いる)
課題の合意
顧客がソリューションへの価値理解
意思決定者の合意
スケジュール/体制の合意
金額面での合意
書類の取り交わし

・営業ミーティングの効率化
セールステックツールの活用(SFA/CRMなど)
⇒情報蓄積による売上予測の精度向上、リアルタイムでの情報共有、会議準備工数の削減

高速でPDCAサイクルを回し、強い営業組織を構築していきましょう。