営業も知っておきたい|プレゼンの組み立て方

 

コラムをいつもお読みいただき、ありがとうございます。
今回のコラムは「プレゼンの組み立て方」についてです。     


弊社では、お客様やパートナーの企業さんから「プレゼン」について
相談を受ける機会があります。


ここでいうプレゼンとは、1対1のプレゼンではなく、
1対10~100のことを指しています。


セミナー営業などの手法が一般化しており、多くの聴衆の前で
プレゼンを行う営業が増えてきているのでしょう。

 

 

もちろん事前準備が重要

プレゼンの組み立てで重要なことは何でしょうか?


エグゼクティブを対象としたある調査結果によると、 
「プレゼンテーションで重要視しているのは」

1位 効果的なメッセージを組み立てる作業
2位 自信をもってプレゼンする(当日の話)
3位 質の高いスライドを作る


という順番のようです。


弊社の代表も年間50回近く1対多数のプレゼンを行っていますが、
どんな場合でも、
「推察する」⇒「構成する」⇒「スライドを作る」

というプロセスを崩したことがないそうです。
 

具体的な組み立てのプロセスは?

まず、
①推察する=誰に対して、何の目的で、どうして欲しいのか?
を徹底的に考えます。


その上で、
②コンテンツを箇条書きにして、羅列します。


そして、
必要ないものを削ったり、付け加えたり、入れ替えたりし、
③大枠の流れを構成していきます。

ここに多くの時間を割きます。
このときに、はじめてスライドのイメージを手書きでおこします。


その上で、パソコンに向かい、
④スライドを作成していきます。

 

プレゼン用スライド作成のポイント

スライド作成のポイントを簡単にお伝えします。


1)質問と答えは別々に(1スライド、1メッセージ)
質問されて、すぐ、答えを言われたらどうでしょうか?
考えさせる、「間」を与える、少しじらす、これが対面した相手の
興味・関心を惹く、巻き込む秘訣です。営業での喋り方と同じです。



2)短文、改行(さらっと読める表現、レイアウト)
読みやすいというのは、大きなメリットです。
普段使っているような言葉で短く、端的に表現します。



3)余白を活かす(文字は少なく、サイズは大きく) 
情報量が多すぎると、覚えられないのです。
印象に残したければ、情報は削ぎ落としてください。



4)グラフ、写真など、ビジュアルを多用
文字以上にレイアウトや図・写真が与える印象は大きいのです。

 

まとめ

以上のようにプレゼンにはスライド制作前の構成を考える時間が
非常に重要になってきます。


意外に、いきなりパソコンと向き合いスライドを作ることから
始めてしまう方が多いようです。


そうすると、スライドのディテールにこだわってしまい、
本来伝えたい「幹」の部分がなく、的を射ないプレゼンに
なってしまうのです。


皆さんもプレゼンを行う際は、ぜひ参考にしてみてください。
 

関連情報

関連コラム:顧客の心を鷲掴み!AIDMAで受注率をあげる営業活動とは
売れる必勝パターン!アプローチブックの作り方のポイント②セールスストーリー
関連ページ:ロジエモ講演依頼

関連資料の無料ダウンロードはこちらから

この内容で送信します。よろしいですか?