営業力強化

営業力強化

営業を効率化!インサイドセールスとフィールドセールスの違いとは?

最近一般化しつつある営業手法「インサイドセールス」。言葉としては比較的新しいですが、手法そのものは昔ながらのものです。今回はフィールドセールスとインサイドセールスの違いや概念についてお伝えします。
営業力強化

トークスクリプトだけ?営業の標準化を進める際のポイント

営業の場面で、話していること、聞いていること、話の流れ、全てを可視化して整理してみることにより、会社としての営業の型ができあがります。徹底的に可視化するのです。トークスクリプトだけでは本当の意味の可視化にはなりません。
営業力強化

メンバーの受注数がバラバラ|営業の標準化が自社だけで進まない理由

なぜ、我々のような外部の人間が、営業の標準化を進めるうえで中心的な役割を果たすのが良いのでしょうか? 弊社に仕事を依頼してこられる企業の多くは、何度となく社内で営業の標準化を行おうと思ったが、「うまくいかなかった」という ケースが多いようです。
営業力強化

お客様の課題は?商談で課題をヒアリングためのコツは選択肢を用意すること

商談で大事なことのひとつは、「お客様の課題を聞き出すこと」です。どんなに優れたサービスであっても、目の前にいるお客様の課題が解決できるものでなければ、よほどのことがない限り買ってはいただけないでしょう。今回は商談でのヒアリングのポイントをお伝えしていきます。
営業力強化

営業のアプローチ先がない!営業ツールがない!と感じた時に

このようなお悩みはございませんか? 「営業アプローチ先がない」「営業ツールがない」など 商談創出や営業でお困りのことがあるかと思います。 今回はこのような時にまず考えるべきことをお伝えします。
営業力強化

営業の課題を見える化!潜在顧客から顧客化するまでの営業プロセスとは

今回は営業のプロセスを分解し、それぞれの目的を整理します。整理してみることでうまくいっている、うまくいっていない、営業のプロセスがより明確になるのでないでしょうか?
営業力強化

営業を標準化!個が活かす営業の「型」とは

スリーシーズが提供する「営業の標準化」とは、営業の型をつくり、  その型を全営業メンバーに浸透させ、組織力を強化することを 目的としています。この「営業の型」という言葉を用いて説明をすると、お客様から下記のような反応を受けることがあります。 「でも、型に嵌めてしまうと個が活きないのではないか?」
営業力強化

受注率が最も高いチャネルとは?「紹介」を増やすために営業ですべきこと

突然ですが質問です。受注率が最も高い営業手法はなにでしょうか? アウトバウンド、インバウンド(問合せ)、紹介という3つの営業手法があった時、どれが一番受注率が高いでしょうか?当たり前ですが、「紹介」です。 しかも紹介の中でも、「既存顧客からの紹介」が圧倒的に高いのです。今回は紹介を増やす方法についてお伝えしていきます。
営業力強化

御社はいくつ当てはまりますか?営業の受注率を高める5つ方法

スリーシーズでは、クライアント企業の受注率向上を支援させて頂いております。本日は受注率向上の5つのポイントについてお伝えします。 今まで関わった多くの企業様の、受注率が伸びた・倍になった要因を振返っていくと、以下の5つのポイントをきちんと実施・運用していらっしゃいます。