営業力強化

営業力強化

営業組織の分業化の功罪とは?解決につながるKPI設計

営業組織も分業化が進み、見込み客の獲得はマーケティング、アポ取得まではインサイドセールス、商談~受注はフィールドセールス、受注後のサポート・追加受注はカスタマーサクセス、のような体制の導入している企業が増えています。 このような分業化にはメリットもある一方でデメリットも。今回は営業組織の分業化のメリット・デメリット、そして解決方法を紹介いたします。
営業力強化

インサイドセールスの種類と新しい役割

見込み客の獲得がオンラインへシフトしたり、在宅勤務が増えたことで、見込み客へのアプローチが困難になってきました。見込み客から顕在客へあたためる役割を担うインサイドセールスはますます重要性が増しています。今回はインサイドセールスの種類や今後の役割の変化についてお伝えしていきます。
営業力強化

いつの間にか成果が出ない・・・定期的に外部の営業力診断を受けるべき理由

営業の標準化・型化を進め、どの営業パーソンでも一定の受注率で受注できるような仕組作りを進めている企業が増えています。近年では「セールスイネーブルメント」という括りで営業力強化のノウハウが多くの場所で公開されるようになりました。セールスイネーブルメントに取り組む企業も増えています。今回は定期的に外部の営業力診断を受けるべき理由について紹介していきます。
営業力強化

SFA/CRM、MAの導入だけでは売上が向上しない理由

セールステックツールと呼ばれるSFA/CRMやMA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する企業が増えています。「営業生産性を上げる」、「売上を○○%向上させる」という目的で導入する企業は多いですが、失敗するケースも多いようです。結果的に1年で解約してエクセル管理に戻ることも少なくありません。今回は売上が上がらない理由や、売上を向上させるために必要なことを紹介していきます。
営業力強化

セールスイネーブルメントとチャレンジャーセールスの育成

これからは、顧客に対してインサイト(気付き、洞察)を与えて顧客を巻き込んでいくような営業が求められてきます。それが「チャレンジャー」と呼ばれる営業モデルです。今回は「チャレンジャー」型の営業スキルの紹介やセールスイネーブルメントとの関係を紹介していきます。
営業力強化

チャレンジャーセールスモデル -これから目指すべき営業モデルー

インターネットの発展や顧客の行動の変化によって営業活動も変わってきています。これからは顧客に対してインサイト(気付き、洞察)を与える営業が求められてきます。それが「チャレンジャー」と呼ばれる営業モデルです。今回は営業モデルの紹介や成果を出す「チャレンジャー」型の営業の特長を紹介します。
営業力強化

インサイドセールスの組織化と日々のKPIとは?

インサイドセールスを導入する企業が増えてきました。しかし、いまいち組織として何をするべきが定まっておらずうまく機能していないことが多いと感じている方も多いのでないでしょうか?今回はインサイドセールスの役割、体制、目標について紹介していきます。
営業力強化

オンラインセールス商談成功のポイント -営業パーソン編ー

近年、働き方改革や新型コロナウイルスの影響でリモートワークの導入が進んでいます。リモートワーク主体になると商談もオンラインになります。今まで訪問メインの営業パーソンは困惑することも多いでしょう。 ・ツールの使い方が分からない ・間の取り方が分からない ・以前のようにネクストアクションにつながらない 今回はオンラインセールスのポイントをお伝えします。
営業力強化

オンラインセールス商談成功のポイント -営業組織編ー

近年、働き方改革や新型コロナウイルスの影響でリモートワークの導入が進んでいます。リモートワーク主体になると商談もオンラインになります。今まで訪問メインの営業パーソンは困惑することも多いでしょう。今回は営業組織に向けたオンラインセールスの浸透のポイントをお伝えします。
営業力強化

解約率の原因特定をカスタマーサクセスにだけ求めてはいけない理由

SaaSのようなサブスクリプションビジネスが普及しています。いわゆる「ストック型」のビジネスと言えます。解約されないようにしっかりとサポートしていく必要があります。そこで大きな役割を果たすのが、「カスタマーサクセス」です。もし解約が起こってしまった際にはカスタマーサクセスが原因を特定してサービス改善などの予防策を考えますが 実はカスタマーサクセスだけで完結しない方が良いのです。