営業マーケティング

営業マーケティング

2019年の振り返りと2020年の営業トレンド

営業トレンド
営業マーケティング

BANTだけじゃない?|最新の営業フレーワームとは

インサイドセールとフィールドセールスとの連携において見極めのルールを決めて運用している企業も多いと思います。どんな項目を使っているでしょうか?そんな時にお役に立ちそうなフレームワークを今回紹介していきます。タイトルにあるようにBANT以外もお伝えしていきます。
営業マーケティング

営業とマーケティングの確執と解消方法とは

マーケティングと営業。様々なマーケティング施策を実行して商談機会を創出するマーケティング組織。そしてマーケティングからパスされた商談機会に対して提案活動を行い、受注までつなげる営業組織。しかしこの両者はよく衝突がおこります。今回はどのような衝突が起こるか、どのようにこの問題を解決していけばよいのか考えていきます。
営業マーケティング

オンライン商談前に気をつけること|カスタマーサポートのポイント

オンライン商談を行う企業が増えております。 インバウンドで潜在客からの問い合わせを受けてインサイドセールスが迅速にアポを取得してフィールドセールスが商談をする組織が多いでしょう。 問い合わせを受けてからの真摯な対応で、その会社への信頼やその後の商談にも影響があるでしょう。今回は海外での統計結果の紹介や本来あるべきカスタマーサポートについて 紹介をしていきます。
営業マーケティング

営業で使える心理学とは?

営業職のみなさんは普段、新規の見込客に対してどのようなコミュニケーションを意識しているでしょうか?相手の反応によって様々な対応をしていると思います。口数が少ない商談相手には様々な質問を投げかける、など。逆にかなり話す相手には端的に説明する、など。では、どのような場合にどのようなコミュニケーションが適しているでしょうか?営業に使える心理学の手法があるのです。
営業マーケティング

SaaS営業が知っておくべきフレームワーク「The Model」とは?

サブスクリプション型のビジネスモデルが盛んになっていることは 何度かコラムでもお伝えしてきましたが、その場合、どのようなフレームワークで 営業活動を捉えるのがベストでしょうか? 今回はSaaS業界の雄であるセールスフォース社などが用いている フレームワーク「The Model」をお伝えしていきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントと推進するツールとは

セールスイネーブルメントという言葉をご存知でしょうか? 欧米を中心に組織化され、日本でも外資系企業を中心に導入が進んでいます。 今回はセールスイネーブルメントの概要や促進するツールについてお伝えしていきます。
営業マーケティング

これからの営業が知るべき3つの統計データ

ビッグデータ活用やデータドリブンというワードが浸透し、 社内でも実践している企業が多いと思います。例えば、以下のようなデータ分析を営業活動に取り入れることで 営業効率が更に向上します。今回は知っておくべき営業上の統計についてお伝えします。
営業マーケティング

営業にデータドリブン戦略を促進させる方法|よくある失敗例と成功のポイント

以前別なコラムでデータドリブンと営業活動について触れました。 以下のようなデータ分析を営業活動に取り入れることで 営業効率が更に向上します。 ・サービス別の受注率 ⇒どのサービスに注力すべきなのか、機能を改善...
営業マーケティング

AISASとは?|AIDMAとの違いと実際の営業戦略での使い方

営業に拘わる方だけでなく、商品開発やサービス開発に携わる場合は、様々なフレームワークを使うかもしれません。例えば商談前は3C分析、提案の場合はAIDMA、戦略立案やサービス企画の際は5F、などなどあるでしょう。今回は近年の購買活動にあったフ...