営業ツール

営業ツール

営業ツール制作におけるデザイン

営業活動には営業ツールの活用が不可欠です。しかし営業ツールをたくさん使えばよいというものではなく、顧客に伝わりやすいような構成やデザインも重要になってきます。自己満足で作成していて、実は顧客に全然伝わっていない、ということも実際あります。どのように顧客に伝わりやすい営業ツールを制作すればよいでしょうか? 今回はデザインにおこすまでの流れや営業ツール活用のポイントをお伝えします。
営業ツール

リモートワークの課題と解決方法② ー営業パーソン編ー

新型コロナウイルス対策として緊急事態宣言が出され、普段とは違った働き方をされている方が多いでしょう。在宅勤務メインの働き方となって苦労されている方もいると思います。特に対面でのコミュニケーションが多い営業職はストレスを感じているという声もよく聞きます。今回は営業パーソンに焦点を当ててリモートワークの課題と対策について紹介していきます。
営業ツール

リモートワークの課題と解決方法① -会社組織編ー

新型コロナウイルスの対策として緊急事態宣言が出され、普段とは違った働き方をされている方が多いでしょう。在宅勤務メインの働き方となって苦労されている方もいると思います。特に対面でのコミュニケーションが多い営業職はストレスを感じているという声もよく聞きます。今回はリモートワークの実態・課題と解決方法について紹介していきます。
営業ツール

SPIN話法を活用したヒアリングシートの作り方

普段の商談でどのようことを意識しているでしょうか?企業によって、そして提供するサービスによって商談の進め方は違いますよね。 どのようにすれば良いヒアリングができるでしょうか?今回は商談のフレームワークであるSPIN話法について紹介していきます。
営業ツール

営業ツールの本当の使い方!ページ順に読んでも見込客には刺さらない?

営業活動で必ず使う「営業ツール」。みなさんはどんなコンテンツを使っているでしょうか?会社紹介資料や定型の提案書など様々なコンテンツが社内にはあるでしょう。汎用資料ということで全ての商談で活用するケースが多いと思いますが 使い方に注意です。ページ順に読んでも見込客に全く刺さないことがあるのです。それはなぜでしょうか?そしてそれを解消するにはどうすればよいでしょうか?今回は営業ツールの本当の使い方について解説していきます。
営業ツール

リモートワークの導入企業と効果

近年営業活動でもリモートワークを取り入れる企業が増えてきました。オリンピック時のラッシュアワー対策やコロナウイルスの予防策などの理由からニュースでもたくさん取り上げられています。今回はリモートワークを進める企業の 具体例や導入時の効果について紹介していきたいと思います。
営業ツール

受注率をあげるアプローチブックの作り方ポイント⑤更新編

最近浸透しているセールスイネーブルメントの取り組みの一環としても 営業コンテンツの整備としてこのような取り組みは必要になります。 今回はアプローチブック制作の過程の振返りと制作後に必要な更新についてお伝えしていきます。
営業ツール

口頭中心の商談とツールを活用した商談の違いについて

営業活動で活用する営業ツール。サービス概要資料や事例集など様々でしょう。しかし一方で口頭だけで商談を進める方も一定数いるのでないでしょうか?ツールを使わず口頭だけで受注までたどり着ければ良いですが 一般的にかなり難易度が高いでしょう。今回は口頭での商談と営業ツールを使った商談の違いをお伝えして行きます。
営業ツール

sales tech(セールステック)ツール導入で変わる営業組織

営業活動にITを用いることで効率化を進めるセールステック。ツールとしてはSFA/CRM、MA、カスタマーサポートツールなどがあります。立ち上げたばかりの組織では、 最初はこのようなツールを導入する必要がない、と感じるかもしれません。しかしセールステックのツールを用いることで営業組織が活性化して営業生産性の向上につながるのです。今回ツールの種類や使うメリットを紹介していきます。
営業ツール

営業のリモートワークを浸透させる方法

最近では営業職においても効率化が進み、オンライン商談がかなり浸透してきます。 しかし、結局浸透していないという声もよく聞きます。制度だけでなく実際に定着させるにはどのように導入を進めればよいでしょうか?リモートワーク導入時に注意するべき点や必要なツールについて解説していきます。