セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメント

インサイドセールスの役割とセールスイネーブルメントの位置づけ

営業活動でも分業化が進んでいます。分業にすることで、フィールドセールスは事務作業やアポ取りにかける時間を削減でき、顧客折衝にかける時間を増やすことができるようになります。今回はインサイドセールに絞って役割の整理や 営業力強化・セールスイネーブルメントの取り組みについて紹介していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントのはじめ方

組織としての営業力強化に取り組む企業は多いでしょう。このような状況の中で「セールスイネーブルメント」という考え方が普及しつつあります。セールスイネーブルメントを進める上で必要な体制、コンテンツ制作、トレーニング、コーチングについてあらためて紹介していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントを担う部門とは?

セールスイネーブルメントは一つの部門で完結するというよりは複数部門での連携が必要です。 従来の人事や営業部門の役割とセールスイネーブルメントを導入した後の役割にはどのような違いはあるのか、今回はそこを整理していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントを促進させるための社内体制とは?

セールスイネーブルメントに取り組む企業も徐々に増えています。その中で様々な部署やチームと共同してセールスイネーブルメントを進めることになるでしょう。役割の所在が不明確になるケースがあります。そんな時に使える役割分担のフレームワークを紹介していきます。
セールスイネーブルメント

営業での訴求メッセージとは?

多くの企業は自社の認知を広げて売上を拡大するために、会社のビジョンやサービスの価値など広い切り口でメッセージを伝えています。その中で自社のサービスを潜在層や顕在層に対して訴求していく際、どのような営業メッセージを訴求しているでしょうか?どのような状態に対してどのようなメッセージを訴求していくべきなのか紹介していきます。
セールスイネーブルメント

営業コーチングの成熟度とコーチングを進化させる方法とは?

セールスイネーブルメント導入を進めている企業が多いでしょう。営業のマネージャーのみなさんは営業メンバーに対して日々の活動に対しての営業コーチングを行っているでしょう。コーチングの具体的な内容としては案件進捗や商談に対するコーチングなど様々でしょう。
セールスイネーブルメント

営業コーチングの必要性

セールスイネーブルメント導入を進めている企業が多いでしょう。営業コンテンツの整備、営業トレーニングの充実など。 このような取り組みに応じてマネージャーも的確なアドバイスをする必要があります。つまり営業コーチングです。 営業コーチングではどんなことに注意すればよいでしょうか?
セールスイネーブルメント

営業トレーニングの必要性

近年話題のセールスイネーブルメント。セールスイネーブルメントの取り組みの中にはカスタマーパスにあった営業活動が求められます。どの営業も同じようなアプローチができるようにするためには営業トレーニングが必要なのです。今回は営業トレーニングでカバーすべき3つの領域についてお伝えしていきます。
セールスイネーブルメント

アプローチブックの作り方

インバウンドセールス、アウトバウンドセールス関係なく顧客への提案段階では資料を用いて説明する機会があるでしょう。そんな時に使えるのがアプローチブック。 アプローチブックは顧客が購買に至るまでの過程(カスタマーパス)の中でも情報収集等の「購買」段階の見込み客に対してよく使われるでしょう。
セールスイネーブルメント

事例集制作のポイント

普段の営業活動で使う営業ツール。製品概要資料、ヒアリングシート、提案資料、などなど。そして事例集も活用すると思いますが、実はかなり有効な営業ツールになるのです。事例集は顧客が購買に至るまでの過程(カスタマーパス)の中でも情報収集を「認識」段階の見込み客に対してよく使われるでしょう。今回は事例集の重要性は制作のポイントについてお伝えしていきます。