セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメント

営業における提案書の作り方|作成におけるフレームワークも紹介

営業活動をしていると、ヒアリング後の提案やクロージングで必ず用いる「提案資料」。普段どのようにこの提案書を作っているでしょうか。しょう。もしかすると「サービス紹介資料」を「提案資料」として利用している方もいるのでないでしょうか?そもそも営業における「営業資料」とは?「提案資料」はどのような流れで作ればよいのか?などに焦点を当てて「提案資料」の作り方を紹介していきます。
セールスイネーブルメント

営業会議改善のポイント|営業効率化の促進

営業パーソン達は日々営業か活動をしています。しかし全てが顧客折衝(商談など)ではなく提案書の作成や日報など様々な事務作業にも時間をとられます。 中でも営業会議にかなりの時間(準備も含む)やかなりのプレッシャーを感じている方も多いのではないでしょうか?
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントだけじゃない!?セールスオペレーションとは?

営業組織の強化のためにセールスイネーブルメントを実践する企業が増えています。営業トレーニングの実施や営業コンテンツの作成、日々のデータ管理など営業活動に関わる様々な側面でセールスイネーブルメントの担当は活躍されているでしょう。そんな中でセールスオペレーションという役割をご存知でしょうか?
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントにおいてデータプラットフォームが必要な理由

セールスイネーブルメントを実践して組織全体の売上を底上げするためには、各営業施策の取り組みを数値化し、ボトルネックの改善や成功事例の型化をしていく必要があります。つまりデータの蓄積が非常になるのです。今回はデータプラットフォーム構築の重要性をあらためて紹介していきます。
セールスイネーブルメント

今こそ営業組織がマイクロラーニングに取り組むべき理由とは?

オフラインからオンラインの流れが急激に進んでいます。今までOJTを中心に対面で行っていて営業育成にもオンラインの流れがきています。社内でもオンラインでのコミュニケーションが増えることから営業育成の方法も変わってくるでしょう。今回はこれからの営業育成にフォーカスして「マイクロラーニング」について紹介したいと思います。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントに関する5つの統計

本コラムでも今までセールスイネーブルメントの概要や浸透の方法についてお伝えしてきました。しかしどのような効果があるのかいまいち分からない方も多いのではないでしょうか?ということで今回は、セールスイネーブルメントを実施すべき理由について様々な統計データを
セールスイネーブルメント

データを活用してセールスイネーブルメントを進める方法

セールスイネーブルメントの一環としてSFAを活用することで日々の営業マネジメントが効率的になり、営業メンバーのレベルアップを促進します。しかし、なかなか活用がうまくいかない企業が多いのです。今回はSFA活用によるセールスイネーブルメント実践において問題点やその解決方法についてお伝えしていきます。
セールスイネーブルメント

自社独自のセールスモデルを構築するステップ

世界的に有名な企業が採用し、結果が出ているモデルだからといって 全ての企業が導入すれば同じように結果が出るのでしょうか? そんなことがないのは皆さんご存知かと思います。 今回は結果が出ない理由やモデルを構築する時のポイントをお伝えしていきます。
セールスイネーブルメント

トップ営業を量産するべきか?組織全体で底上げしていくべきか?

トップ営業を量産するべきか?それとも組織全体で底上げしていくべきか?もちろん会社にとって両方大事なのですがどちらに注力すべきでしょうか。その答えはセールスイネーブルメントの考え方になります。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメント担当に必要なスキルとは?③|セールス部門

セールスイネーブルメントは一つの部門で完結するというよりは複数部門での連携が必要です。セールスイネーブルメント担当に必要なスキルとは?①②では人事部門、営業企画/営業支援部門に必要なスキルについて紹介してきましたが今回はセールス部門に必要なスキルについて紹介していきます。