3C's

セールスイネーブルメント

営業トレーニング入門|スキルトレーニングとは

セールスイネーブルメントという言葉をご存知でしょうか? 欧米を中心に組織に浸透し、日本でも外資系企業を中心に導入が進んでいます。 (参考コラム:セールスイネーブルメントとは?|営業マネージャー必見!) 従来営業の教育は入社...
セールスイネーブルメント

営業トレーニング入門|営業の方法論とは

営業組織の強化に必要なセールスイネーブルメント。カスタマーパスの整理、営業ツール制作、営業コーチングなど様々な取り組みが必要に なってきますが、営業パーソンの受注率の向上には営業トレーニングも必要です。 1.製品・サービス知識 2.営業の方法論 3.スキルトレーニング 今回は営業トレーニングにフォーカスし、営業の方法論について紹介していきます。
営業力強化

データドリブン営業が失敗する理由

「データドリブン営業」と呼ばれるデータを活用した営業活動が普及してきています。具体的には営業活動の様々なデータを収集してそのデータを活用して日々のマネジメントや改善活動に活かしていくような手法です。今回はデータドリブン営業の例やうまくいかない理由について紹介していきます。
営業マーケティング

営業とマーケティングの確執と解消方法とは

マーケティングと営業。様々なマーケティング施策を実行して商談機会を創出するマーケティング組織。そしてマーケティングからパスされた商談機会に対して提案活動を行い、受注までつなげる営業組織。しかしこの両者はよく衝突がおこります。今回はどのような衝突が起こるか、どのようにこの問題を解決していけばよいのか考えていきます。
営業ツール

sales tech(セールステック)ツール導入で変わる営業組織

営業活動にITを用いることで効率化を進めるセールステック。ツールとしてはSFA/CRM、MA、カスタマーサポートツールなどがあります。立ち上げたばかりの組織では、 最初はこのようなツールを導入する必要がない、と感じるかもしれません。しかしセールステックのツールを用いることで営業組織が活性化して営業生産性の向上につながるのです。今回ツールの種類や使うメリットを紹介していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントの取り組みを加速するSFA/CRM活用方法

OJTをメインにした営業研修では営業マネージャーの質やチームメンバーの教育体制によってギャップが生まれ、定着せずに離職してしまう社員もいるでしょう。このような問題を避けるためにセールスイネーブルメントという体制が必要になってきています。(参考コラム:セールスイネーブルメントを担う部門とは?)今回はセールスイネーブルメントを促進する上で役に立つSFA/CRMの活用方法について紹介していきます。
営業ツール

営業のリモートワークを浸透させる方法

最近では営業職においても効率化が進み、オンライン商談がかなり浸透してきます。 しかし、結局浸透していないという声もよく聞きます。制度だけでなく実際に定着させるにはどのように導入を進めればよいでしょうか?リモートワーク導入時に注意するべき点や必要なツールについて解説していきます。
セールスイネーブルメント

インサイドセールスの役割とセールスイネーブルメントの位置づけ

営業活動でも分業化が進んでいます。分業にすることで、フィールドセールスは事務作業やアポ取りにかける時間を削減でき、顧客折衝にかける時間を増やすことができるようになります。今回はインサイドセールに絞って役割の整理や 営業力強化・セールスイネーブルメントの取り組みについて紹介していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントのはじめ方

組織としての営業力強化に取り組む企業は多いでしょう。このような状況の中で「セールスイネーブルメント」という考え方が普及しつつあります。セールスイネーブルメントを進める上で必要な体制、コンテンツ制作、トレーニング、コーチングについてあらためて紹介していきます。
営業ツール

営業ツールを用いて売上向上させるために注意すべき点

この時に役に立つのがSFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)と呼ばれるサービスになります。一つのプラットフォームに獲得したリード情報や案件情報が蓄積され、レポートとして売上や受注率が確認できます。多くの企業では営業ツールを導入しても売上は向上せずに運用に失敗してしまうのです。