セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントの取り組みを加速するSFA/CRM活用方法

OJTをメインにした営業研修では営業マネージャーの質やチームメンバーの教育体制によってギャップが生まれ、定着せずに離職してしまう社員もいるでしょう。このような問題を避けるためにセールスイネーブルメントという体制が必要になってきています。(参考コラム:セールスイネーブルメントを担う部門とは?)今回はセールスイネーブルメントを促進する上で役に立つSFA/CRMの活用方法について紹介していきます。
営業ツール

営業のリモートワークを浸透させる方法

最近では営業職においても効率化が進み、オンライン商談がかなり浸透してきます。 しかし、結局浸透していないという声もよく聞きます。制度だけでなく実際に定着させるにはどのように導入を進めればよいでしょうか?リモートワーク導入時に注意するべき点や必要なツールについて解説していきます。
セールスイネーブルメント

インサイドセールスの役割とセールスイネーブルメントの位置づけ

営業活動でも分業化が進んでいます。分業にすることで、フィールドセールスは事務作業やアポ取りにかける時間を削減でき、顧客折衝にかける時間を増やすことができるようになります。今回はインサイドセールに絞って役割の整理や 営業力強化・セールスイネーブルメントの取り組みについて紹介していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントのはじめ方

組織としての営業力強化に取り組む企業は多いでしょう。このような状況の中で「セールスイネーブルメント」という考え方が普及しつつあります。セールスイネーブルメントを進める上で必要な体制、コンテンツ制作、トレーニング、コーチングについてあらためて紹介していきます。
営業ツール

営業ツールを用いて売上向上させるために注意すべき点

この時に役に立つのがSFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)と呼ばれるサービスになります。一つのプラットフォームに獲得したリード情報や案件情報が蓄積され、レポートとして売上や受注率が確認できます。多くの企業では営業ツールを導入しても売上は向上せずに運用に失敗してしまうのです。
営業マネジメント

売上予測がうまくいかない理由|パイプラインマネジメントの導入

営業組織ではセールステックと呼ばれるITツールの導入が進んでいます。一方で、このような営業ツールには懐疑的でエクセルや営業報告書を用いて 営業管理を継続している企業もまだまだあるでしょう。今回は売上予測の精度を上げるための方法を紹介していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントを担う部門とは?

セールスイネーブルメントは一つの部門で完結するというよりは複数部門での連携が必要です。 従来の人事や営業部門の役割とセールスイネーブルメントを導入した後の役割にはどのような違いはあるのか、今回はそこを整理していきます。
セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントを促進させるための社内体制とは?

セールスイネーブルメントに取り組む企業も徐々に増えています。その中で様々な部署やチームと共同してセールスイネーブルメントを進めることになるでしょう。役割の所在が不明確になるケースがあります。そんな時に使える役割分担のフレームワークを紹介していきます。
営業力強化

営業パーソン採用のポイント

売り手市場と呼ばれる転職市場が活発な今。営業職の採用も難しくなっています。元々、不人気な職種でもある営業を採用するために色々な手法を使って人材獲得に注力しています。今回は営業職採用の方法から採用時のポイントを紹介していきます。
営業マーケティング

オンライン商談前に気をつけること|カスタマーサポートのポイント

オンライン商談を行う企業が増えております。 インバウンドで潜在客からの問い合わせを受けてインサイドセールスが迅速にアポを取得してフィールドセールスが商談をする組織が多いでしょう。 問い合わせを受けてからの真摯な対応で、その会社への信頼やその後の商談にも影響があるでしょう。今回は海外での統計結果の紹介や本来あるべきカスタマーサポートについて 紹介をしていきます。